2007年3月アーカイブ

最後の登園@次男坊

今朝はすごい風雨でしたね~。
しかも通勤時間帯のみ。今は太陽出ちゃって(^^;

年度末ですね。
次男坊はとうとう今日が最後の登園。
20070330080153_88013-01_07-03-30_08-00.jpg

彼なりに寂しい気持ちがあるようで「土曜も行くよ」とか
言ってました。実は自分もちょっと寂しい(笑)
思えば約10年間お世話になりました。お迎えは仕事でいけないので、副園長にご挨拶だけしておきました。

さてさて、そうすると、これらの不思議な絵も卒業かな?

20070329220356_91579-01_07-03-29_22-03.jpg
20070329220010_88415-01_07-03-29_21-59.jpg

最近判明したのですが、これは遊戯王カードらしいです(爆)
でも、妙にアーティスティックに見えちゃうのは親ばかかな?

普段も不思議ちゃんの次男坊が書くからさらに不思議な絵に
見えてしまう親ばかお父さんでした。

お勉強

とはいっても、仕事の関係じゃない(汗)

友の美容室用ホームページに予約状況(空き状況)を
確認できるページを追加して欲しいと言われてです。

1.2週間程度先までの空き状況が分かるもの
2.状況更新は彼女(美容師さんの友)が簡単に行えるもの

多分これでOKかな?というのはできました。
PC、携帯から状況確認できてメール送信も
できるようにしました。

一人頑張ってる彼女の負担が減れば。
ですね。
IMG_2126.jpg

※技術者さんのパートアルバイト募集中らしいです♪
 美容室Kutir→「http://1173-oni-paddle.que.jp/kutir/

憂鬱は続く…

この家を買って住み始めた当時、
「自治会にも入らなきゃな…」と考え、自治会に入会?しました。
自治会の地域はさらに細分化されて、組という単位で分けられ、
組ごとに「組長(コワ…)」の役目を2年単位で受け持つのですが…
うちの組では、うちともう一軒が同時に加入しました。
その半年後でしょうか?当時の組長が我が家へ訪れて、
「来期の組長やってもらえませんか?」って。
「えっ?入ったばかりでよく分からないのですが…」
「そうよね~。でも、決まりだから」
「はぁ…」
そんなんだったら、半年後に入って、2年間様子を見ながら自治会の勉強してるよ。まったく。
もう一軒の新米?は頑なに断っているらしい。
てなわけで、引越しして右も左も分からぬまま組長として2年間の任期を全うしました。
でも、蓋を開けてみれば…同じ組の中のほかの家の方々のなんとつめテー事!!!
毎月1度行われる美化デーは、10軒以上あるのに、出るのは2,3軒でしかも奥さんばかり。半数以上の家は既に定年されて、時間に余裕があると思うのだが・・・第一、この組の中で庭の手入れがほとんどされていないのは我が家!絶対!だって、家の前に「空家」って看板立てても違和感ないし!!!(自慢か?)
この組のエリアは結構なでかさ。通常30分程度の活動らしいが、自分は1時間以上たっぷりと掃き掃除やら、不法投棄の処分、そして、草刈を汗だくになってしてましたっけ。
うちの組だけで言えば、組長はパシリ。近隣住民との協力の下に行われている活動ではなく…
そんなこんなで組長を続けつつ、でも次第に新天地で友達家族が増えてきて(みんな他の組だけど)、それはそれでとてもよい付き合いをさせてもらえ、しかも、ほとんどが新入り連中だから、自治会の話なんかで共通点があったりして何とか2年の任期も頑張り通しました。
でも、こういった活動は地域のボランティア活動としても有意義なものだと自分に言い聞かせて頑張りました。いずれは認められるだろう…と。
そして、現在この地域に根付いた少年サッカーのクラブチームで、毎週休み無くその活動に従事してます。結局は組長やるより忙しく、いわゆる休みは無い状態です。

でも、こんな自分でも地域に根付いたボランティア活動をしている。自治会の地域を含め他のエリアの子供達も含めて、子供達の夢と可能性と愉しむ気持ちをサポートするために活動していることは、ちょっとは地域活性の一翼を担ってるんじゃあないかな?何より子供達の頑張る気持ちや楽しむ気持ちの端っこ当たりを支えてるんじゃあないかな?

なーんて考えながら、やはり他の志あるコーチと頑張っています。

ところが…また自治会絡みの押し付けが…
うちの地域に小さな神社があり、この地域に引っ越すと有無を言わさずに氏子にされ(他もそうなのでしょうか?)、祭りの際には献金?取られたり…
その神社がらみで、4月からは神社行事のたびに呼び出され、お茶だしやら何やらで必ず行事に参加しなきゃいけない「年番」という役が回ってくるらしい…今度の土曜日に自治会の総会があり、そこでデビューだって。もう勘弁して欲しい。ボランティアとはいえ、自治会なら、ギブアンドテイクでしょ。ギブギブギブギブ…テイク無いじゃん(爆)

ちょっと考えます。自治会の最大の利点は災害および緊急時の近隣住民との助け合いが出来るよう、普段からのコミュニケーションをとるひとつのコミュニティとしての働きがあると思っています。でも、前述の通り、自治会は惰性で活動が続けられてる。そして、知らぬ間に氏子にされ、われわれ年代は特に仕事で家は寝に帰るだけの生活の中で、でも、子供の教育をはじめとしたかかわりを寝る間を惜しんで作り出す世代ですが、そこに、年番。

自治会って何だろう…年番は?うーん。
正直なところ自治会辞めようかな…って思ってます。子ども会だけでいいかな。

あ、愚痴ですから。コメント要りません。
すみません。また面白い日記書けるよう頑張りまっす(^^;;;

謝辞の添削

うちの嫁さん。
次男坊の保育園の卒園式で謝辞を任されまして。
今日の仕事中…メールが来ました。
「Subject:どう?」
添付メールを開くと謝辞が。
う~ん。謝辞だろ?それって保育園関係者に対しての
お礼とか感謝の言葉をつづるものでしょ~。
内容が子供のことや自分の子とばっかジャン。
しかも文中に「◎×□▲なのかなぁ・・・」って、ナニこれ?

ってことで、添削しました。仕事中(^^;;;

添削後の文章を送り返して、いそいそと仕事を再開すると、
間髪いれず、返信メール
「添削をさらに直したよ」って。

それをチェックして、さらに添削。唯一譲れない添削部分が削除されてる!!!
こんな時に大人になれない自分は、元に戻しつつ、他の部分もさらに添削し「これでいいんじゃないでしょうかね?」と。

返信は「じゃ、これで行くわ。ありがと。」っとそっけない返事でした。

コラ~~~!!!
これでも焼酎あ、いや小中学校時代に、会長やって通称「挨拶会長」って言われた俺じゃ!
「助かったわダーリンッ。ありがとう。愛してるわよ。チュッ」
くらいのメールを書けっ(笑)

そんなで今週末は卒園式です。緊張スンナ!鬼嫁よ。

悔し泣きデビュー

| コメント(2)

昨日は次男坊のフットサル大会で、普段は2,3年を受け持つ自分も
練習は午後からでしたので、7:30からのコート設営から次男坊
(年長、一年)の方へコーチとして入りました。
しかし、試合に関しては担当学年コーチがいらっしゃるので、
試合中は親としてみることが出来ました。

フットサルは5人制なのですが、登録が10名ということで、
前半と後半でメンバーは総取替えでした。
息子は前半に出場し2得点!自分が見ているのも分かっていて、
ゴールしたときはにっこにこでこちらを見てましたので、
私もガッツポーズでそれに応えたり、楽しかったです。
前半を2-1で折り返す。

さて、後半、ベンチではコーチの隣にぴったりと座っている息子。
試合を一生懸命見ながら、コーチに何か話しかけてます。
そんな時、相手チームのゴール!2-2同点。息子は動転?
相変わらずコーチの隣にぴったり座ってますが、顔がこっ怖い。
じーっと試合を見守る息子の前で、さらに追加点が入れられました。
あーあ、やられちゃった。なんて軽く思いながらベンチを見ると…

コーチのわき腹にグーパンチしているわが息子(^^;
しかも鼻たらしながら大泣きしてました。
試合後もそのテンションは高いまま、悔し泣きをする息子に
周りの保護者の方々は慰めてくれていました。が、
なぜか自分はにんまりしちゃって(ごめん息子よ)。

あんなちびっ子が悔し泣きか…成長したんだな~
このまままっすぐ育ってくれよ。わが次男坊。

第1試合 1-5●
第2試合  2-1○

第1試合前半(1-5-3-2)

     ハルキ  ルイ

 コウダイ リョウヘイ アラキ

コウキ アサヒ ユウダイ コウシ
       カツシゲ

       リュウヘイ

第1試合後半(1-4-3-3)

  ミキヤ リョウヘイ コウダイ
   →ルイ
  ヤス   アラキ  ハルキ

  アサヒ ユウダイ  コウシ

       リュウヘイ

第2試合前半(1-4-3-3)

 ルイ  ハルキ  イサム

 ヤス  リョウヘイ コウダイ

 アサヒ  タクミ  コウキ
      ユウダイ

       コウシ

第2試合後半(1-4-3-3)

   ルイ  ハルキ  ミキヤ

リュウヘイ リョウヘイ コウダイ
               →イサム
  アサヒ  タクミ  コウキ
   →ヤス
        コウシ

[第1試合インプレ]

相手は、ボールを蹴り出して見方を
へパスするスタイル。

うちのバックラインとハーフの間が開きすぎることが
多く、そのスペースで相手チームのポゼッションが
うちを上回る展開多し。

ほとんどは、相手バックによるクリアがこの隙間
に落ち、相手がそれを拾って持ち込む。

ただし、うちの最終ラインを突破する得点より、
最終ラインおよび、キーパーの頭越えの
シュートが入っているだけ。

ハーフタイムは、ポジショニングの悪さと、ポジショニングに
戸惑う場面を考慮し、後半4-3-3のベーシックな
布陣に変更。ハーフとバックの間隔および、
最終ラインをもっとあげることで隙間をなくすよう
修正したうえで、子供達を送り出す。

相変わらずポジショニングがおかしい場面や、
走り負ける場面、競り負ける場面があったが、
前半より修正できた。

ただし、前後半通して、相手ボールを取りに
行く際、足先だけのタックルになっているため
相手ドリブルの突破を許す場面が多く、
これが第1試合の課題と判断しました。

第2試合前に足先だけのタックルおよび、ポジション間の
連携(声がけ)、そして、試合に対する集中を
するよう、試合後のコーチングをしました。

[第2試合インプレ]

4-3-3の布陣で、味方との連携(声がけ)
ポジションチェック(タクミ、リョウヘイへ指示)を
行い、最終ラインはユウダイへ任せつつ、
試合中はこまめにポジションとライン取りを
指示しました。

足だけの当たりについても、こまめにコーチングし
試合を見守りました。

試合前の喝(やる気を持ってボールに執着しよう)
が効いたのか、相手がボールを持ったときの
プレッシャーも格段によくなりましたが、所々に
足先だけのタックルも散見されました。

ポジショニングについては、タクミ、リョウヘイ
の指示もあり、バランスはましになりました。

トップのハルキが下がり気味になってしまう点、
相手による片方のサイド攻撃が続いた際、逆サイドが手薄に
なり(みんな攻撃サイドによる)クロスが飛んだ際の
危ない場面等ありました(アサヒ)。この辺もコーチング
しましたが、集中が切れてしまうとこの現象が
おきやすかったように思えます。

この試合から見えた課題
・相手へのプレスの時の体の置き方
 →足先だけではなく、体軸を中心にしたプレスに
・ドリブル
 →前前へのドリブルが多い。前前横といった
   緩急が欲しい。ゴールへの最短距離のドリブル
  から、スペースを経由してのドリブルが必要
・ハイボール
 →バウンドで胸くらいのボールに対して、足を
  あげてボールを納めようとする動きが散見
  胸、もものトラップを経て足下へボールを納める
  動作が出来ていない。
・集中力
 →相手がボールを持ったときのつめが遅い(ボーっとしてる?)
 →アウトオブプレーで集中をきってしまい、ボールが
   再び入ったときの動き出しが悪いので、そこを
   相手にやられてしまう。
 →目的意識が薄い(試合に勝ちたいのに実行が伴わない)
 →味方まかせの部分あり。
 →声がけが少なすぎる

以上。

「あれじゃあ、センターサークル審判だな~」
「位置取りが悪いよな」
「対角線審判方って言っても、ただ斜め方向にまっすぐ行き来してちゃだめなんだよ」
「2点目はオフサイドじゃん」

これは、私の審判を見ていた同じクラブチームの諸先輩方の
アドバイス。

え~!あんなに走ってるのに?いつもボールの近くにいたじゃん!2点目は副審がゴールだって目で確認とったのにぃー
キィィィィィィィ!!!!!!

とはいえ、私の審判試合を見るこの方々は大先輩ですから、
言っていることは正しいと思います。

他にも一杯あるようですが、私を取り囲み親身にアドバイスくださった先輩達は終始ニコニコと私をつつきまわして下さるのでした。

確かに、めまぐるしい展開の時には立ち位置に問題あったかも…
2点目の得点だって立ち位置で判断できたかも…

他のコーチから言われたのですが、

「大体プレイヤー経験多いと、審判しててボールが好く当たるんじゃない?」
「えっ?なんでわかるんです?」
「無意識にボールの動きを先読みしてその場所に行っちゃうからジャン」

なるほど。よく当たります>私

さて、これにめげずに来週も審判させてください。
やはり場数を踏んで勉強が一番のようです。

ただし、子供達が怪我をしたりしないよう、特に危険プレーに付いてはきちんとファウルをとるようにしなきゃ。

今日もコーチ会議でした

今日は暖かかったですね~東京は。
ピステでちょっとデモンストレーションしただけで、汗がにじんできました。

今日はさっきまでコーチ会議(の後の飲み会)でした。
延々と少年サッカー談義。ボランティアで集まるこの人たちは、ほんとにサッカーと子供達が大好きなんだな。と、再認識する愉しい時間を過ごせました。

最近は、たまに担当の2年生のコーチング機会が多いのですが、
今日も2年生担当しました。横目で長男の3年練習を眺めつつ…

さて、今日の2年は「切り返し地獄!」と勝手に騒いで
切り返しに関する練習を散々行いました。
普段なら、1時間をドリ錬、1時間を少人数(1対1~)の対人プレー。そして最後にゲームなのですが。
とにかく今日は2時間を切り返し(フック)の練習に費やしました。子供達も結構疲れたみたい。

相手を誘いながらいつ切り返して振り切るか?
こんなことを意識させながら(していたか?みんな・・・)
様々なメニューをこなしました。
練習の中で子供達の切り返しはなかなか上手に出来ているのですが、切り替えしても振り切れない場面が多かった。
その理由のひとつに切り返しの上半身の動き(正確には膝から上)があります。
切り返しのアクションが体を横向きにしたままなのです。
いわばかにのように横歩き?
ここは、切り返した瞬間に体の向き(胸の向き)が切り返して進む方向に向いてないためでした。

そこで、切り返しの体の向きを修正して、最後にゲーム。
そこらじゅうで切り返し天国でした!
笛を吹きながら自己満足でニコニコ。
普段局面打開できない子達も、切り返すことで相手を振り切り得点を決めたりしてました。

そうこうしているうちに背後から私を呼ぶ声が…
5年生のゲームに呼ばれました。
大人気ないスピードとミドルシュートでこれまた自己満足。
でもさすがに5年ともなると、レベルが上がります。

自分が教えている子達もこうなって欲しいな。
いや、こうなる。これを越えるんじゃない?なんて考えながら、じんわりと汗をかきながらゲームをエンジョイしました。

やっぱり、子供ってすばらしい(^^)

さて、明日も朝から年長、1年、3年のコーチしてきます。
でも、寝不足~

このアーカイブについて

このページには、2007年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年2月です。

次のアーカイブは2007年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。