2008年1月アーカイブ

あっわわぁぁ

昨日は岡田JAPAN2戦目でしたね。

私も、早々に会社を出て、この試合を楽しみに帰宅したのですが...

少年サッカーコーチをしていて色々と悩みや疑問があって、そんなことを考えながら家に着いたとたん、ごそごそと収納スペースからダンボールを開け





『あ、あったるんるん





今をさかのぼること27年前のVHSテープ。





当時(小6)の全日予選山形県決勝戦。





自分の小学校のサッカーって?と思って見直しました。







衝撃









『めっちゃ下手だな。。。』





日本のサッカーは確実にレベルアップしてます。



少なくとも私が見たビデオは、今時の小2~3年のサッカーでした。



今、私が担当する子供達の顔を思い浮かべながら、嬉しいような悲しいような。。。





まっまあ、私にとっては大事なビデオ。最初の巻き戻しで思いっきりテープが切れた(のを必死で修復)。

早めにDVDへコピーしなきゃ。。。





次に見たのが高専の全国大会。



『あぁあせあせ...』



めっちゃ下手だわ。



でも裏を返せば、社会人になって成長したってことですネン。

『即座の習得』が出来る10歳~の数年。いわゆる『ゴールデンエイジ』。

片や、一般社会人ならさび付き始めるところが、成長してるのかも揺れるハート



ゴールデンエイジとは比較にならんけど、向上心があれば何歳になってもサッカーはうまくなると...思いたい。じゃなくって、思った(笑)





じゃなきゃ、ビール、焼酎飲んだ後の午前2時。このポテンシャルはないだろう。。。(大笑)


ちなみに、無回転(というかドロップボール)継続練習中...足首の柔らかさに限界を感じているところです。とりあえず、動画アップしようかと(挫折)考え中です。

ああ、おっさんが出過ぎました。すんません(笑)

遂行~(疲)

ひとつ受講出来てなかったC級指導者講習も今日無事に終了~(笑)
さすがに1コマのみの参加はある意味目立っちゃいますね。
受講させていただいたインストラクターの方々および、受講生の皆さんありがとうございました。

さてさて、週末の過酷な予定も無事に消化ぴかぴか(新しい)
まあ、過酷と言ってるのは朝の12kmジョギングのことだったりするのですが...
朝6時から1時間かけてのジョギングは、冬と言う季節であり、東京と言えども青梅ということもあり、朝は-2~-3℃の気温の中でトレーニングでして。

家を出るまでにいかにモチベーションを上げるかが不安でしたが、来週の本番に向けてその動機付けになる出来事が色々と出来たので、頑張ることが出来ました。
ここまで練習頑張ったし、来週日曜は老舗の日本を代表する市民マラソン『青梅マラソン』をめいっぱい楽しみ、何かを残せたら...と思ってます。


さて、

今日ジョギング終了後~昼まで、この地域のチームで行っている少年サッカーのリーグ戦がありました。

このリーグは育成目的で立ち上げたものですから、今日は純4年のみ(3年の繰上げなし)で試合に挑みました。
とはいっても、フルに出すには2人の交代が必要で、試合の最中ずっとずっと悩みながら交代のタイミングを考えていました。

スコア自体がある程度結果として出たので、後半交代を。

レフリーを呼び、一人はトップの子、もう一人は...サイドバックのうちの子。

息子の番号をコールしたとき、他のコーチ数名が突然

『なんでかえるんだよ!!!』

俺『え?あ、いや・・・』

『息子は今変えちゃダメ!!!せっかくいい動きしてんだからさぁ!!!っむかっ(怒り)

俺『・・・』

しかし、レフリーに交代を申し付けた後だったので、息子ともう一人はピッチの外へ...
たしかに、まだまだではあっても、調子を掴んできていたところなのかも。。。
最近、前のポジションから経験を積ませる為に後ろへシフトしてまして。


ちょうど、すぐにアウトオブプレー。


他のコーチに言われたことを反芻して状況を飲み込もうとしているとき、
今出てきたばっかりの息子を他のコーチが再び呼び、


『レフリー!!!』

と。


息子は、またピッチへ送り出されました。
本人は、途中交代に慣れている出入りの激しい選手ですから、ある意味また素直にピッチへ戻りプレーへ。


『ヘッドで親コーチ。その判断は...分からないことも無いけど。でも、今この試合であいつがいいプレーをしているんだから、続けさせないと』

『はずすのなら他の選手と平等に考えればいいんだよ。変に気にしちゃだめだよ』


ヘッド不在で代行の私。他のコーチに私の心の中は見透かされていて、すぐに息子をピッチへ戻してくれたコーチたちに感謝しつつ、それがとても恥ずかしかったし、嬉しかったです。

こんな人たちが私と一緒に、無限の可能性を持つこの子達のコーチをしてくれていることに嬉しくて嬉しくて目頭が熱くなるのを抑えながら、采配を振るわせてもらいました。

今日の試合の出来事は心に残り続けるでしょう。

息子の居るチームを受け持ちながらチーム全体を見ることに、これからも悩みながらコーチングし続けるのでしょうけど...息子もみんなと遜色なく頑張ってるんだもんね。途中、講習の為中座しましたが、自宅に帰宅後、息子に謝りました。

あーあ、親コーチとは辛くも楽しく、でも難しい。。。

週末の予定

年末年始に10kmのジョグをしながら、更にここ3週間は昼休みに4kmのジョグをし、帰宅は片道15kmの自転車を続けております。もう日常的に足がパンパン(汗)

はい。
青梅マラソンに出る為に走る人

足がつってもいいから完走目指してぴかぴか(新しい)
今年の目標と言うお話しでサッカーを教えている子供達の前で宣言したからには、遂行しなきゃ私の面子にかかわるんです。(言わなきゃ良かった)
今回で6回目?出場するの。

で、週末の予定

土曜日
6時~7時過ぎ→12kmジョギング
8時半~9時過ぎ→トレセン選考会へ
9時半~→次男の絵を見に展覧会
10時前~12時半→再びトレセン選考会へ
13時~16時→少年サッカーコーチ

日曜日
6時~7時過ぎ→12kmジョギング
8時過ぎ~→少年サッカーリーグ戦会場設営
9時半~12時→少年サッカーリーグ
13時~17時半→C級指導者講習(未受講科目の受講)

あーあ。書いちゃった冷や汗
有言実行!!!
日曜の朝が一番の峠だ。


自信ないあせあせ(飛び散る汗)

フラットか?リベロか?

相変わらず、絡みづらい話題冷や汗



8人制サッカーの試合の場合のフォーメーションを考え中...
ヘッドコーチ代行の私がポジションを考えて...というか、
子供達にどういう事を学んで欲しいかがベースにあって、ポジションを
割り振るんですけど、世の中色々なポジションの組み合わせがあってですねふらふら
今考えていると言うかやっていたいフォーメーション。



3-3-1

2-3-2



どっちがいいのか?


11人制の場合4-4-2でリベロ(スイーパー)を置いてるのですが、
そうすると3-3-1なんです。





でも...すごくこれに引っかかるんです。


基本的にリベロが前で守る選手に指示を出すから、ストッパーやボランチはこの指示を受けて動いたりします。
これはこれでセオリーであり間違いじゃないけど...
私が子供達に学んで欲しいこと。


『自分で考えてプレーする』


U-12に大切なことが、これだとすれば...
少なくとも自発的に考えてプレーの選択が出来る選手を育てたいと。

サッカーの戦術やプレーに対する答えは無限。

だからこそ、後ろからの指示や、ベンチ殻のコーチの指示で操られちゃう子供達にはしたくない。

失敗してもいい。
その選手がそのプレーに『理由』をもっていれば。







8人制の2-3-3であれば...こんなかんじ。

  ○  ○
○  ○  ○
  ○  ○

後ろに(指示する)人がいないから、特に守備ではミスがよく見えてきます。


人任せにしない全員攻撃、全員守備に気づく為にはとてもいいフォーメーションかと。
もし、どうしてもリベロが欲しいのならそれはGKにやらせればいいじゃん。


でも、このフォーメーション。
後ろからの指示が無いってことは一つ一つのプレーをその選手が考えなきゃ。

手を抜けないと言えばそうですし。


うーん。。。

他のコーチからダメ出しきそう・・・

でもね、試合負ける確立が高くなりそうだけど、だからこその『全員がチームへ貢献したプレーで勝利を目指す』


うっすらと気づくんじゃないかな...



決まりきった連係プレーも大切かもしれないけど、コーチが教えたパターンを繰り返して得た勝利ってどうなんでしょうか?
ボール取ったらとりあえず、サイドに流して。とか、アーリークロスを相手のDFの裏に流してFWが走り込んでとか・・・


相手がそのパターンを読んで封じられたら、もう終わり。に。なっちゃう?




団体競技といっても、その根底にあるのは個人アイデアとチームへの貢献。
みんなで力を出し合ってこそ、ゲームを制することができる。


8人制は11人制と比較してサボってりゃすぐ分かっちゃう。だって、人数少ないからね。
極端に言えば1対1ではサボれないけど、100対100(笑)なら一人くらいサボっててもまず分からない。


全員で戦うことの大切さを分かりやすく経験して欲しい。


まだ早いかな。。。もっと他にいいフォーメーションがあるのかな?
子供達の身の丈に合ったフォーメーション。。。

更に散財(汗)

今日、早速ベンチコートが宅配で到着わーい(嬉しい顔)

『どれどれ』

と荷物を解き、試着ハート達(複数ハート)

うほぉーあったか~い富士山






そのときあせあせ(飛び散る汗)







『うわっ!なにそれ・・・』






背後から突き刺す視線が...




『あ、これexclamation & questionんっとねぇあせあせ(飛び散る汗)






『へぇ~ウッシッシ私の分は?』






と言うわけで、もう一着購入となりました...ダッシュ(走り出す様)

寒すぎて...散財(汗)

昨年の秋口から、臨時ヘッドコーチと今までどおりのアシスタントコーチを兼任しているってことで...

まぁ簡単に言っちゃえば、一人で4年生を見ているのですがあせあせ
それとは別に年長・1年もコーチしているので、土日は朝9時から夕方5時近くまで
外に居ますあせあせ

他の学年はヘッドコーチ+アシスタントコーチ=3,4名いらっしゃるので、かわるがわる適度の休憩取りながら子供達を見ていますけど、わたしゃあ下手すりゃ給水も出来ずにグラウンドに立ち続けております。

まあ、それは仕方が無いとしても、この冬と言う季節はなぜにこんなに寒いのですか???(笑)
やっと帰宅できて風呂に入ると、幼少時代、雪遊びに励みすぎて手袋から長靴の中からびしょびしょになって、しこたまかじかんだ手足を引きずり帰宅して入ったお風呂を思い出さんばかりに、身体の末端がジンジンとイタがゆかったりしてます。

そんな訳で、この冬は防寒具に想定外の費用がかかってしまってます(汗)
まずは、ウィンドブレーカーですが、中綿の入ったアンブロのセットアップピステ。
691867831_233.jpg
これ、めちゃめちゃ暖かーいぴかぴか(新しい)
12月くらいであれば、これ+ネックウォーマー+手袋で練習中にデモをやってるとすぐに汗ばみました。寒さ?そんなの関係ねぇー!!!(笑)
年末年始の少年サッカーではヘビーローテーションでした。
もう普通のピステは寒くて無理(笑)着れません。
 

ところが、ここ最近フレンドリーマッチや公式戦で一日ベンチで試合を見る機会が増えてきたら、これでもめちゃ寒いふらふら
このままでは凍死しちゃうってくらい。特に北風ピューピューな週末が多いのもあるし。
昼飯のおにぎりなんて冷たくって歯にしみるくらい。

ってことで、この格好+ベンチダウンコートです。
ミズノのチャコールカラーです。
691867831_79.jpg
アンブロのセットアップピステ+ネックウォーマー+手袋+ニット帽+ベンチダウンコート。
おまけが靴の中にホッカイロ(笑)

もうこれでポッカポカ間違いないっexclamation ×2指でOK





が・・・





懐は大寒波が押し寄せておりますたらーっ(汗)


しつこい性格?

| コメント(1)
延期になった4年招待試合が昨日行われました。
結果は、1勝1敗で終了。

1試合目3-0○、2試合目0-1×。

1試合目8:30で2試合目が13:30と試合の間が5時間も空いたスケジュールと、今年一番の寒さと冷たい風という悪条件の中でしたが、選抜された子供達とサブながら最後まで試合に集中して声を出した子供達。

会場は、風よけの出来ない場所で待機でしたので相当辛かったふらふら

こまめに軽いアップを繰り返しながら子供達の調子を保持するのに神経を使いました。

そうやってしのぎながら臨んだ2試合目は、都内の古豪チーム。

参加チームレベルを想定したメンバーを出してきただろうと思われる布陣に対し、こちらは前半に3~5点は入るシーンを作るなど、こちらが一方的に 押していた試合でした。GKとの1対1でなんでそれだけはずすかな~というシーンばかり。。。お陰で今後の練習メニューの方向性が出たのですが。

そして、後半、相手も状況がよくないと思ったのか?温存選手を出してきてこちらが押され気味の試合に変化してきて、ゴール前の混戦からコロコロっと1点を許し、そのまま終了。

3年生5人を含めスタメンを組んだ我がチームは、サブも含めて本人達が一様に納得して試合を終えたことにほっとしました。




ただし、私は納得してなかった・・・

理由は『全員に経験の場を』。




バタバタと、会場で他の予選落ちチームのコーチを捕まえてフレンドリーマッチのアレンジに奔走あせあせ
本当は決勝リーグへ進めなかった場合、今日はお休みだったのですけど、昨日出られなかった子供達にも試合の経験を積ませたい想いがありましたので。


近隣のチームで日程が合うチームを見つけ出し、昨日に増して更に寒かった本日、フレンドリーマッチを行いました。

会場はこちらで用意する為、前日のコーチ同士の飲み会で少々二日酔いの身体に鞭をうち、8時に学校門の鍵を開けまして、ピッチを作り、ゴール移動で人手が足りないからと、御近所の男親に携帯連絡で集合をかけてゴール移動したり。

さらに、保護者の審判ヘルプも頂きながら、フレンドリーマッチ開始。

20分ハーフで3試合。

1試合目は昨日の試合メンバーを出して、子供達自身に昨日の試合内容を踏まえて自らの課題を考えさせて行いました。

そして、2,3試合はサブ中心で試合しました。

サブだった子供達は、昨日出場できなかったこともあるのか、総じて動きが良く、ゲームを楽しんでいるように見えました。内容もスタメンとあまり変わらないような・・・

3試合目は、更にサブの子供達のポジションをぐちゃぐちゃにいじりまわして、やったことの無いポジションを経験させてみました。これまたいくつもの発見が出来ました。

スタメンメンバーにおいても、ベンチにてそれぞれのポジションについてそれぞれに試合の内容を分析してもらい、ハーフタイムは子供同士でコーチン グをさせましたが、自主的にディスカッションぽい話し合いが繰り広げられていました。何より子供達の明るい笑顔が嬉しかったです。


この年代の育成の絶対条件(最低条件)は?と聞かれたら、やはり、サブとかスタメンのくくりのまえに、本物体験を通した経験だと思います。

小学校で結果を出す(出したい)のは、どうしてもコーチや大人の希望、欲が前面に出すぎてる気が...



子供達にとっては小学校時代の結果が全てじゃない。



今は伸びなくてもこれから伸びる子、今伸び盛りでも指導によってこれから先に伸び悩む子も居ます。

だからこそ、どんな子供にも機会を与えて、無限の可能性を持つ子供達の伸びしろを見つけ、育成することこそが重要。これが私のコーチとして持つべき理念と使命のベースかな?と思っていまし。

そして、その前にボールを蹴ることを楽しむということが子供には必要です。


ちなみに、本日の結果は3戦全勝ぴかぴか(新しい)でした。


我が子も先ほど『今日はホント楽しかった』と言い残して布団に入りました。
3試合中2試合出場でしたが、いつもあれだけボールを追いかけてくれたら、親コーチながらも、彼をメンバーにプッシュできるのに。。。(汗)



この連休で
1日目:寒い雨の中5年と練習試合
2日目:招待試合2試合
3日目:フレンドリーで3試合

臨時ヘッドコーチ中の身としては、心身ともにえらい疲れましたけど子供達に有意義な3日間出会ったことを祈りつつ、みんなが帰った校庭を後に、門の鍵を閉め疲れた身体を引きずり帰宅しました。

我ながら、しつこい性格ってのも疲れますな(笑)

明日へ延期

4年生の招待試合は明日へ延期。

今日も9時~15時まで学校の校庭にトイレにも行けずに滞在し、1,2,3,4年のコーチでした。
午後に昨日の日記に書いた3年コーチと話しました。
彼も彼なりに、子供達の成長を考えてのポジション選定だったことを確認し、
ちょっと安心。 。。

また、彼の起用案に彼自身も迷いがあることを聞き、改めて明日の招待試合で 育成をベースにした起用案を確認し直したりしました。
勝つために何が出来るかを子供達と考えながら、大人のエゴではなく、子供達の心のエンジンに火をつけられる起用を改めて確認できました。

さぁて、明日は子供と一緒にもがこうかな(笑)。
まずは『プレイヤーズファースト』です。
あー今日は毒吐くので、読み飛ばしてください。。。




週末に迫った4年生の招待試合。
3年生の繰上げ選手を混ぜ18名の布陣。

さて、この子達のポジションを決めなきゃ。とはじめたのは日曜の晩から。
予選リーグは3チームで行うが、私達のチームが組み込まれているリーグには、
いつも対戦しているチームと、東京では古豪のチーム。

この2試合は前後半あわせて4クールあるので、4パターンで作成してみた。
まず、いつものチームは全員参加。
そして、古豪といわれるチームはベストと思われるメンバーを使いつつ、数名のポジションをいつもと違う場所へ。。。彼らの可能性を引き出せるかもしれないと思ったポジション。ある子はDFだけどMFへ。ある子はトップ下だけどボランチへ。。。と言う具合。ほんと、これが一番いやなコーチの仕事です。。。胃が痛くなる。

そんなことをしながら週末までに詰めていこうと画策していたら、繰上げ選手の居る学年コーチから連絡が入った。

ポジションについての話。

私は意識したことが無いのだが、今回は公式戦らしい。。。勝ちに行くらしい。。。全員が出られる可能性は100%じゃないらしい。。。






3年生から上げてきた子供達のポジションのリクエストや、4年生の子供達のポジションのリクエストと言うか要請と言うか、そんなのをどんどん言ってきた。私はそれをさえぎるように『今から私の案をメールします』と言って電話を切った。



U-12は育成年代なら、


全ての子供達に均等な機会を与えてあげるべきではないか?

勝つことも大事かもしれないが、勝つことからも負けることからも同じように学べるのではないか?

サブの子達が残り数分だけ出させてもらっては、スタメンの子供達との経験差はますます広がるのではないか?


悶々とした。
結局、全員出場案とベストメンバー案に少々3年生のポジションを変更した案にし、チーム課題、ポジション毎課題、そして4年の基本テーマを書き込んで送信。

本当は、個人課題も書いていたが、これは私の中で封印(練習で追跡しながら生かして行こう)。


返送されてきたポジション案では当然息子の名前はサブで入っている感じ。私のことを気遣っての事もあるだろう。。。

だけど、返信されたポジション案が届く頃、今の自分の心の中を悟っていた。


親がコーチである息子の事。

我が子は、ボーダーラインの下に居る。
だから、公式戦と言われる試合ではのりしろで用意された時間のみ出場だったりなんてこともよくある。
はじめたのはみんなより遅い3年から。当然レベルに開きがあるけど、昨年秋から休み無く朝のリフティングを続けている。

『結構へこたれるんじゃない?』って思ったけど、まだまだ20回に届かない状態だけど、もくもくとコツコツと練習を続けてる。今日も20分ほど、白い息を吐きながらボールに振り回されながらもくもくとリフティングしてた。

練習で、『おまえつかえねーくせに!』とか言われるらしい。。。二人一組の練習メニューで組もうと思っても、無視されたり・・・そんなことを練習が終わって帰宅する車中でボソッと報告されたリする。
こちらからしたら、そんなことする奴らこそスタメンからはずしたいくらいだが、返送されてきたポジションにその子達は名を連ねてた。。。別にいいけどね。

でも、だからといって、息子はサッカーは辞めないつもりらしいし、好きなようだ。

親として素直に嬉しいし、頑張ってる彼を試合に出したい。

だけど、彼を含めた4年+3年の前でスタメン発表するときに、彼の名前を呼んで上げられそうも無い。

ボーダーに居る息子を持つコーチがポジション発表する。スタメンに入れない息子の前で。

周りから戦術だのサッカースタイルだの、誰が何処に使われてるのがあーだこーだ言ってくるけど、すみませんね。私、保護者でもあるんです。サブの子供の。中々試合で経験させてもらえない子供の。話しやすいからって、つらつらとスタメンの子供達のサッカーの話されてもね。。。参りますよ。



ヘッドコーチに言ってくださいな。


なんてったって私、ただのアシスタントコーチですから。。。



そんなことよりてめえの息子のサッカーで結構てんぱってるんで。。。チームの仲間に何言われても頑張ってうまくなろうとしてる息子のベストサポーターしなきゃなんないのよ。




まあ、愚痴はこれくらいにしといて(汗)
週末は3年コーチ案をベースに進めようと思います。

サブの子供達にどうコーチングするか...考えなきゃ。


始動!

長いお休みも終わり、明日から仕事が始まります。

休み中は、少年サッカー→帰省→スキー→少年サッカーで、
自宅にほとんどいませんでした。いつものことですが。

帰省中のジョギングと、スキーで少々足がだるいけど、今年初めての
少年サッカーコーチは、久しぶりに子供達に会えて楽しく過ごせました。

担当の4年はヘッドコーチが「不在がち」となり、親コーチとしてアシスタントをするはずの私が、練習メニューから試合のメンバーまで請け負って春を迎える ことになりそうで、カナリ責任を感じていますが、まずは子供達が楽しくサッカー出来る環境を用意して愉しませながら、技術の向上を手助けして上げられるよ う、精一杯頑張ろうと思っています。

来週は招待試合のため、現在13人しかいない4年に3年から5人の繰上げ選手を預かり、何とか全員出場でいい経験をさせたいと考え中。。。
そんな中、今日はゲームに近いオーガナイズで3対3~5対5、そして最後は7対7のゲームで締めました。
ちょうど、練習時間に6年生が数名うろうろしていたので6年生を監督兼選手とし、そこに3,4年生を均等配分してチームを作ったうえで、様々な形 のコート(横長とか縦長とか...)でゲームをこなしました。コーチングは6年生を主体で行わせ、私はたまに声をかける程度で、自分達のプレーをするように促 して練習を行っていました。

年末のフットサルで大人のエゴに振り回された試合をして惨敗した彼らに、自分達のサッカーを想い出してもらう為、あえて子供達主体で練習をリードさせました。
あんなコーチングがなんで出来るのか???某コーチによるコーチングの声を消そうと、そのとなりで声をからして子供達を褒め続けましたが・・・子供達がかわいそうでした。

うまい子、まだまだな子、色々いるけど、サッカーが好きな気持ちはみんな同じ。
個人個人がバラバラに試合に臨んでも良い結果が生まれるわけじゃなし、それじゃあ良くても1+1=2。チームのメンバーが助け合いそれぞれが決してあきらめない気持ちを持って試合に臨めば1+1は3にも4にもなると言うことを子供達に話してみました。

結果はどう出るか。。。以外と、私も子供達も楽しみな来週の試合です。今度は邪魔が入らないよう祈るばかり。

子供達の元気を頂いて、明日からまた一年頑張ろうパンチ

今年の目標!

皆様あけましておめでとうございます。
本年も変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願いします。

さて、年も明けましたので今年の目標!




「腹筋週間(習慣?)500回」




実は帰省中、日課にジョギングして、その後はスーパー銭湯+整体マッサージを受けてましたが、マッサージ師に

「サッカーやりすぎですよ」
とか、
「クールダウンをちゃんとしてくださいね」
とか言われちゃっていまして...それだけならいいのですが、

「あー、腹筋弱ってるから、こうやってボロが出ちゃうんですよ~」

と。

脚力はあるのですが、体幹の筋力が弱っているために、
強いキックをする脚力と、体幹の筋力のバランスが良くないということで、股関節の故障や、腰痛に悩まされているらしいです。


振り回す足の筋肉に比べて、腹筋をはじめとした体の中心の筋力が弱すぎて、故障の原因になっているみたいです。

整体タイムは脂汗の連続で、金払ってるのに!!!と思いながら、現実はマッサージが地獄のような痛さでした...

そういうわけで、体幹を鍛えるために腹筋を週500回目標です。

今年は前厄でもありますから、まずは体の健康に気遣って前厄、本厄、後厄の3年を無事に乗り切りたいと思います。
そのまえに、子供たちの前で今年も元気に、切れ切れのデモしたいからな~(笑)


ところで、皆さんの今年の目標(抱負)はなんですか?
お互いに切磋琢磨で頑張りましょう。

このアーカイブについて

このページには、2008年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年12月です。

次のアーカイブは2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。