後一ヵ月で

私がたずさわる少年サッカーチームの夏合宿です。
担当学年の子達も今年は最高学年として参加。
合宿のイメージはとにかく苦しいとか、厳しいとかあるけど、
基本は楽しくってことで。
楽しむ中に個々の選手の成長の根っこがありますし。

ただし、

『楽しく』と『ふざける』を履き違えないよう。。。に。
※これ、俺の課題かな。。。(汗)

そして、今年の合宿、兄弟参加OKだそうで。。。

事前に次男坊が上のコーチからお誘いを受けてて、こちらもOKと返事。
今年は家族全員で久々に夏休みの思い出が作れる!っておもってた。


のに。


色々な方面から色々とありがたい(?)アドバイスがあって断念。。。
地元の子供会の行事も重なるようで、そちら方面からもなんだか色々と。。。ねぇ。。。

なにより本人はサッカー三昧に夢を膨らませていたのに。
ごめんな。

まあ息子達が共にサッカーしてて、いつもは下を実家に預けながら俺はコーチとして、
嫁は日帰りもしくは1泊で合宿運営の雑用に走り回って(決して避暑地観光なんかじゃないし)
たのに、今年は下の子の参加を上の学年コーチが考えてくれたってことで、
大変な合宿運営ながらも家族がみんなで一緒に参加できるって、全員で喜んでたんだけど。。。

そうして、上のコーチにお断りしたら、その後兄弟参加OKとなって。。。

けど次男坊は参加しません。

大人も色々な役とかあって大変かと思いますがね。
まずは子供(自分の子供だけじゃないよ)の気持ちを尊重してあげて欲しい。

子供のためにやっているのは私のコーチというのももまた同じ。
そんな子供達のための気持ちがどこかでちょっとねじれちゃうことは、良くあることかもしれないけど、
そんな時こそぶれないように考えながら行動しなきゃですね。

悶々としてるのも私だけかもしれないけど。
その日その時でコロコロと興味が移り行く子供達の
その時の気持ちを大事にしてあげたいな。と考えたのでした。

あ、格好いいこと書いてる(つもり)みたいだけど、単なる愚痴ですね(汗)

このブログ記事について

このページは、kojiが2008年6月26日 21:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テンプレートを編集 - 1173 | Movable Type Publishing Platform」です。

次のブログ記事は「【覚書】.forwardと.procmailrc」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。