2009年11月アーカイブ

看病犬

20091110191416_99117-01_091110_191342.jpg日曜日に次男、そして水曜日に長男が新型インフルエンザを発症冷や汗
ついでに私も週末の微熱が再燃exclamation & questionしてしまい、昨日、一昨日と寝込みましたたらーっ(汗)
今日は微熱があるが仕事もあるから出社しておりますが...
元気なのは女衆のみ。
嫁は週末の旅行を満喫しての帰宅し、子供達の病気の看病と仕事に。
そして、もう一人(一匹?)は、家族が寝込んでいる心配というより、家族が家にいる
嬉しさを満喫中揺れるハート

床に伏す子供たちの布団にもぐりこんで看病しています冷や汗
20091110231813_66180-01_091110_231741.jpg
20091110231937_66594-01_091110_231905.jpg
20091111212508_28984-01_091111_212418.jpg








看病に疲れた時には、ダイニングで料理中の嫁の足元で愛想をふりまきますあせあせ
20091111191016_90961-01_091111_190943.jpg








ちょっと暗くなりがちな家の中をゆるーくですが、明るくしてくれています。




次男発症

今日はお休みですわーい(嬉しい顔)
というか、明日も休む予定ですがあせあせ(飛び散る汗)

が、その理由は次男の新型インフル発症により。ってことでダッシュ(走り出す様)
日曜の晩から調子が悪くなってきて、昨夜は40度近くまで熱があったので、さすがにつらそうでした。
今は、熱も下がって少々暇を持て余し、さっちゃん(わんこ)をいじくりまわしています冷や汗
しかし、リレンザって器具?薬ですかね。これかっこいいですね。リボルバーみたいなところに薬を充てんするんですね。
いずれにせよ、月曜から学年閉鎖ですからゆっくり養生して元気になってほしいです。

そんな自分もさっきからのどに違和感が出てきた...40歳以上はかかりづらいって言うから
大丈夫かと思うけど...不安です冷や汗


さてさて、


週末の日曜日は、次男坊のフレンドリーマッチがありました。

嫁さんは、ママさんサッカー合宿。じゃなかったあせあせ(飛び散る汗)温泉旅行いい気分(温泉)で不在冷や汗

結局6年長男の練習が次男の試合と重なり、午前中の6年練習前に次男を3年コーチに
託し、私は6年練習コーチを行った後に急いで長男を引き連れ、
フレンドリーマッチ会場へ車で移動のスケジュールでした。
結果は途中からしか見れませんでしたが、他のコーチの話ではまずまずの出来だったようでした。



前回の試合ではPKをキーパー正面へストライクのキックで苦い思いをした
次男の為に、集合時間より早く7:30に学校グラウンドに来てPKのレッスンサッカー

基本は駆け引きなんだけど、まあそれよりも狙った場所に蹴り込むことが大事。
ってことで、駆け引き的には少々教えたこともありましたがそれは親子の内緒であせあせ

で、30分ほど兄弟でPK合戦しました。
誰もいない朝のグラウンドで親子3人。これもいいものですね。

長男君は、さすがにそれなりのパワーもあるので見ていてある程度の安心感も
ありますし、この日の練習でPKをやった時もいいコースで成功していました。

次男もそれなりに蹴られるが、コースが甘かったので、今日はコース重視での
練習で。

20091108075747_67481-01_091108_075720.jpg
20091108075433_66759-01_091108_075354.jpg








携帯変えたので早速動画撮ってみました♪
なかなかいいコース狙えるようになってきました。
後は本番も同じように決められるといいねわーい(嬉しい顔)と言ってフレンドリーマッチへ向かわせました。
何事も積み重ねが大事。コツコツ練習積んでください。










微熱

金曜日から微熱が・・・いい気分(温泉)

週末に控えた6年生の大会を前にマッタクあせあせ(飛び散る汗)

しかし、コーチ陣も手が少ないので、準備と片付けそして本部運営だけでもと思い出動ダッシュ(走り出す様)
マスクもして、子供達と距離を置きつつ、今日一日子供達一人一人がいい経験を出来るよう・・・
20091107081338_22771-01_091107_081255.jpg
本部席に座り、目の前で繰り広げられる子供達のサッカー。

真剣な眼差し。
それぞれに目一杯ボールを追う姿。
ボールを奪い勢いづく攻撃や、奪い返したボールを仲間に繋げてゴールを目指す為の
精一杯の判断。
 

実に9試合もの試合数を朝から夕方までに消化。
人手が足りないことを聞いて別の大会に子供達を引率して疲れているのに、
ヘルプに来てくれたコーチ。
子供達の一つ一つのプレーに熱い応援を繰り出す保護者。

いつもなら、その中心で子供達と試合に向かっているからか?
気付かなかったけど、いい空間ががそこにあることに気付けました。

今日の大会は色々な規定もあって、トレセンメンバーが出場できず。
当然、我がチームの6年生は人数が足りないので半分が5年のメンバーを交えての
試合へのチャレンジ。
トレセンメンバーには朝一で事情を説明し、ベンチからのコーチングを含めて自分達のチームが勝つために最大限のサポートを約束してもらいました。実際、各チームと比較してベンチからの的確なコーチングが、出たい気持ちを抑えた子供たちから飛んでいたのにはとてもうれしく思いました。

結果は、1位で予選リーグ通過ぴかぴか(新しい)

陰に隠れた素材が光った一日でした。
子供達の中でも暗黙の順列があるのか?今まで控えめにプレーしていた子供達が
随所にキラキラ光るプレーを見せてくれました。

我が子も、やっとの出場機会を得て全試合に出場。
そんな甲斐があってかどうかは分かりませんが・・・

公式戦ではじめての得点もわーい(嬉しい顔)

「みんな伸び伸びいい試合していましたね」

そんな保護者の声が聞こえる中、薄暗いグラウンドを片付けて
息子と家路に着きました。

平等な出場機会と裏腹に勝利に必死な指導者。


最近は、8人制3ピリオドの試合も徐々に浸透してきましたが、勝利したいがために!?数名の選手に試合に来させないチームもあるとか・・・(シンジラレナイ)

色々と深いところでの難しい問題かもしれませんが、それぞれの選手が
平等に成長する機会がいかに大切なことか。と思わせる今日の大会でした。

指導要綱に関しては、色々な先進国のお手本を取り入れるのに躍起になっているようですが、サッカーはサッカーをすることで上達すると書かれている 某サッカー本に熱狂し、そこからウンチクを繰り広げる少年サッカー関係者には、子供達がサッカーする機会としての試合について地域リーグの仕組みをもう少 しうまく出来ないものか考えて実践してくれる人が増えてくれることを願ってやみません。

チーム対抗ばかりじゃ、人数の多いチームには機会を失ってしまう子供が多くなるって事ですから。純粋に人数割りでそのチームで出場するチーム数決めていいんじゃない?とか。ねハート

おっと、微熱があるからか!?くどいおっさんになっちゃったあせあせ(飛び散る汗)

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。