人とのつながりがもたらすもの♪

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)氣志團がJリーグ・ベガルタ仙台を応援するセルフカバーソング「スタンディング・センダイ」の無料配信を開始した。 ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

氣志團の曲「スウィンギング・ニッポン」は、ベガルタ仙台のサポーターソングとして歌詞を仙台バージョンに変えた「スタンディング・センダイ」として親しまれているが、今回は氣志團が逆カバーexclamation ×2

これですぴかぴか(新しい)




ちなみにオリジナルはこちらわーい(嬉しい顔)


ベガルタ仙台サポータと氣志團のつながりぴかぴか(新しい)



そして、仙台の実家の最寄の小学校。引っ越してきたときにはすでに中学生だったので、通ったのは妹だけなのですが...合唱部が有名で、妹も合唱部で一生懸命活動していた思い出が。その小学校の子供達と卒業生の歌。とても心に響きましたハート

ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)

大震災から1ヶ月後、1つの詩が生まれました。 作者は、仙台在住の詩人、大越 桂さん。 お母さんの手のひらに文字を書き、作詩をする筆談詩人です。 彼女の作った「花の冠」は仲間たちによって広がり、 松浦真沙さんの作曲によって、合唱曲になり、 海山幸さんのイラストでアニメーションになり、 4月30日に地元の仙台市立金剛沢小学校 合唱団&卒業生の生徒たちによって、 仙台の街なかで多くの人の前で歌われました。




人とのつながりがもたらすものの素晴らしさを感じた一日でした。







ちなみに







今日は、嫁さんのためにリンパマッサージを予約
施術してくださったのは自分が立ち上げからかかわった美容室の美容師の女性わーい(嬉しい顔)

『どんな人なのexclamation & question』と幾度も質問をされていたのですが、いざサロンへうかがい、ご対面したら・・・


なんと同級生だったってダッシュ(走り出す様)

繋がってるね~ウインクハート達(複数ハート)

ちなみに、施術は最高にリラックスできたと満足そうにリビングでうたたねしていた嫁さんでしたよ指でOK
洋子さん♪今日は嫁がお世話になりましたわーい(嬉しい顔)

このブログ記事について

このページは、kojiが2011年5月19日 23:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第三者の意見のうれしさ」です。

次のブログ記事は「おじさんとのお別れ...震災後の仙台へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。