30ヶ月

未曾有の大震災から今日で30ヶ月。

中学生だった長男は高校生になり、小学生だった次男は中学生になり、身近なところを見ても時の流れの速さを感じる。

2年半の長い時間によって被災地や被災者の復興を押し上げてくれた部分もあるのだろうけど、まだまだ復興の道を歩み始めたとは言い難い部分がほとんどだろう。

日常の時間の流れが早くて、被災地が遠くて、くだらない情報を垂れ流して物事の本質を見る目を曇らせる社会が、人々の意識を薄っぺらにしていくのかな。

自分が生活する地域で震災の会話は聞かない。聞こえない。

でも、僕には、僕の中には・・・

震災があってから、いつも自分の中に震災が一緒にある。

生まれ育ち、東京での生活を始めてからは、故郷として帰る場所としてずっと有り続ける。

震災後、帰省した折、有り続けるはずだったいくつもの大切な場所、そこに暮らしていた人が消えてしまった様子を目の当たりにして呆然とした。

今日、色々あっての休暇を頂く。

震災を経験してからの30ヶ月、故郷を、被災地を、被災者を想いながら、自分の生きる姿を客観的に見ながら・・・いや、見るというより監視しながら、チェックしながら、日々生活するようになって、それが良いのかどうかわからないけど、今日というこの日を生きたくても生きることができなくなってしまったたくさんの人、生活の場を追われて生きる目的を見失ってしまっている多くの人、これからの未来を被災地の復興のために注ぐであろう子供達が、僕をみて「おまえは、ダラダラと何も考えずにバカタレが!」って言われないように生きている。

はっきり言うと、震災があってから自分に厳しくなりすぎてるような気もするし、随分と自分に色んな事をやらせすぎてるように思うけど、でも出来るうちにやれるだけやらなきゃ、被災地を出身地を故郷を思う自分の心が納得しないから。

被災地の復興に直接何かを与えられる事は出来てないし、希望の未来を見せられる助力を捧げてもいない。残念ながら。

ただ、雨のひとしずくの微々たるものでも、それがやがては川の流れの一滴になれたら。少なくともそれくらいにはなれたら。

だからこそ、仕事を頑張りながら、地域の子供達のために活動し、それらを客観的に見る自分がいて、ちゃんとやれてるか?ってチェックして。

お金をもらうためのお仕事の平日と、お金にならないけど心潤い子供達の成長のちょっとしたアシストをする休日と。

はっきり言って、自分の為の休日はないけど。でも、生きてる自分が動ける自分が一雫を搾り出す事をもう少し頑張りたい。

30ヶ月の今日、その想いを見つめ直しチェックして、ほんのちょっとだけ心を休める。

被災地や被災者のために、たくさんの素晴らしい人達が今も奮闘している。

僕は、そんな人たちの足元にも及ばないけど、相対評価じゃなくて絶対評価で僕自身がちょっとだけでも色んな事に頑張れているのかを大切にして進んでいこうと思う。

進んでいけば、また見えてくるものがたくさんあると信じて。

このブログ記事について

このページは、kojiが2013年9月11日 14:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「そしてまたテスト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。