覚書の最近のブログ記事

30ヶ月

未曾有の大震災から今日で30ヶ月。

中学生だった長男は高校生になり、小学生だった次男は中学生になり、身近なところを見ても時の流れの速さを感じる。

2年半の長い時間によって被災地や被災者の復興を押し上げてくれた部分もあるのだろうけど、まだまだ復興の道を歩み始めたとは言い難い部分がほとんどだろう。

日常の時間の流れが早くて、被災地が遠くて、くだらない情報を垂れ流して物事の本質を見る目を曇らせる社会が、人々の意識を薄っぺらにしていくのかな。

自分が生活する地域で震災の会話は聞かない。聞こえない。

でも、僕には、僕の中には・・・

震災があってから、いつも自分の中に震災が一緒にある。

生まれ育ち、東京での生活を始めてからは、故郷として帰る場所としてずっと有り続ける。

震災後、帰省した折、有り続けるはずだったいくつもの大切な場所、そこに暮らしていた人が消えてしまった様子を目の当たりにして呆然とした。

今日、色々あっての休暇を頂く。

震災を経験してからの30ヶ月、故郷を、被災地を、被災者を想いながら、自分の生きる姿を客観的に見ながら・・・いや、見るというより監視しながら、チェックしながら、日々生活するようになって、それが良いのかどうかわからないけど、今日というこの日を生きたくても生きることができなくなってしまったたくさんの人、生活の場を追われて生きる目的を見失ってしまっている多くの人、これからの未来を被災地の復興のために注ぐであろう子供達が、僕をみて「おまえは、ダラダラと何も考えずにバカタレが!」って言われないように生きている。

はっきり言うと、震災があってから自分に厳しくなりすぎてるような気もするし、随分と自分に色んな事をやらせすぎてるように思うけど、でも出来るうちにやれるだけやらなきゃ、被災地を出身地を故郷を思う自分の心が納得しないから。

被災地の復興に直接何かを与えられる事は出来てないし、希望の未来を見せられる助力を捧げてもいない。残念ながら。

ただ、雨のひとしずくの微々たるものでも、それがやがては川の流れの一滴になれたら。少なくともそれくらいにはなれたら。

だからこそ、仕事を頑張りながら、地域の子供達のために活動し、それらを客観的に見る自分がいて、ちゃんとやれてるか?ってチェックして。

お金をもらうためのお仕事の平日と、お金にならないけど心潤い子供達の成長のちょっとしたアシストをする休日と。

はっきり言って、自分の為の休日はないけど。でも、生きてる自分が動ける自分が一雫を搾り出す事をもう少し頑張りたい。

30ヶ月の今日、その想いを見つめ直しチェックして、ほんのちょっとだけ心を休める。

被災地や被災者のために、たくさんの素晴らしい人達が今も奮闘している。

僕は、そんな人たちの足元にも及ばないけど、相対評価じゃなくて絶対評価で僕自身がちょっとだけでも色んな事に頑張れているのかを大切にして進んでいこうと思う。

進んでいけば、また見えてくるものがたくさんあると信じて。

My healing place

梅雨の晴れ間。

木陰にあるベンチに腰を掛け、空を見上げると木々の葉の隙間から、隣から、キラキラと射す陽。
身体をすり抜けていく爽やかでちょっとひんやりした風...「半そでは早かったかな?」と考えながらそれでも見上げ続ける。見上げるそばから感じる暖かさ。

遠くの遊具では、保育園児の元気な声が心地よく。
「順番を守って」と口には出さずとも子供たちを見守り笑顔の保育士さん。

ベンチの前を通り過ぎるインターナショナルスクールの子供達。賑やか。課外授業かな?

この雰囲気をゆっくりゆっくり愉しむ。木漏れ日射すベンチで暖かい安心感とキラキラに包まれて...

ベンチから静かに立ち上がり、やさしく静かに歩き出すと柔らかい日差しが身体を包み込む。
見えてくる風景が褪せた気持ちをサラサラに浄化し始める。

やはりキラキラと暖かさに包まれながら、どこまでもゆったりと続く道を漂うように歩く。

静寂の中で、幾分雨を吸った草木の匂い。時折、上空を飛び去る小型飛行機の音。
音が止めばまた静寂。

キラキラと暖かさがまとわり付く幸せに包まれて。

目の前に広がる野原を突き抜けて進むと、森の中へ続く小道。
小道はやがて木道となり、湿地帯に咲く花や草木が周りを覆い始める。
木々が丁度よい吸音材。森の静かな時間...キラキラと暖かさの幸せに包まれ静かに進む。

常の意識と希望の想いが交錯し、知らぬ振りをしても、望みは何時しか心の真ん中にこっち向いて座ってる。
気持ちはいくつになっても素直なもの。

包んでくれていた安心感とキラキラを、逃げないよう、遠くに行かぬよう、この手でやさしく握り。
すれ違うまばらな人達までも風景に溶けていく。全てが癒しの空間に変化していく。

歩きながらふと暖かさとキラキラを確認する。ホッとする。
そしてまたゆっくりこの時間をかみしめるように歩く。その繰り返し。

ちょっとした不安、高揚した気持ち、そして、大切にしたい想い。

一人じゃない。

僕は周りに関わり、周りは僕に関わる。
色々な人が色々な形で。

関わり続ける中で、人はどんどん変化していく。変わらない人などいない。


変わった今の自分と過去の自分は違うけど同じ、でも、同じだけど違う。

もっと違う人達と関わる中で違う人間になっていたかったのかも...と考えながら、過去に戻ったらどう歩みなおしたろう...とも考え...

でも、今の自分があるから。今の自分だから。

そういうのもある。矛盾している考えがグルグルと頭を巡る。

暖かさとキラキラの幸せは相変わらずそばにいて包み込んでくれている。

この時間が永遠に止まればいいのに...

止まるわけないか...、じゃあ、今日のこの時間を自分の心に永遠にとどめよう。



-----


年に一度の胃カメラ検診で軽度の胃炎が見つかった。
多分震災がとどめを刺したのだろう。
この閉塞感満杯の気持ちを落ち着けてみようかと、検診後、フラ~っと約20年ぶりに訪れた公園をゆっくり散歩しました。
抽象的な文章ですが(笑)。感じたままにさらさら~っと書いてみました。
つくづく都会より緑が好きなおっさんだと再認識したわけです。




声だし番長♪

| コメント(2)
先日のダックスさっちゃんが目の炎症の為通院した帰りの事。 




携帯メールがやけに騒がしいダッシュ(走り出す様) 





車を停めて確認すれば、去年の6年保護者から。 

『今日のブロックトレセン選考会来るんですよねわーい(嬉しい顔)』 

うちの長男君。サッカーは下手くそだけど、サッカー部の部活で頑張ってますよ指でOK 

そんな中学部活のブロックトレセン選考会を見に来るかという話。 

確かに、参加自由な為、朝から自分でおにぎり握って出かけた長男ですがあせあせ(飛び散る汗)

少々迷ってしまったが、午後からの少年サッカーコーチの時間に若干の余裕があったので、早速向かいました。 

会場に到着すると100人以上の中学一年生がまさにセレクション中。 

会場となっている中学の外から遠めに眺める。 

『いい経験になれば』 

それが私の純粋な願い。 

程無くしてメール送信の保護者に会う。 
そして、長男確認。 
試合待ちだったようで金網越しに寄って来た。 

・・・ 

ちょっと、無言で見詰めあった後、私は彼に言った 

『出来ないことを出来ます的に無理するな。出来ることだけは出し切れよ。』 



なんだか、いつものコーチングだったらもう少しマシなこといえるくせにふらふら 

そして、時計を見たら少々微妙に午後のコーチ時間が迫ってた。 
保護者にこの後のコーチがあることを伝えてその場を離れました。 

コーチング中は、そのことに熱中し4年生のサッカースキルアップに集中していたのですが、その時に、立て続けのメール着信。 

すでに選考会のことなど忘れてチェックしたら... 

『息子1次選考クリア!因みに去年の教え子達もみんなクリアです!』 

おぉ・・・つうか、息子以外はある意味容易に一時選考はクリアでしょ。それは想定内。 

でも、我が長男もexclamation & question 







うっそーexclamation ×2 






その晩、長男からトレセン選考会の様子をいたって冷静に確認してみた。 


1次選考で約半数に絞られるがそこに自分が入っていたこと。 
自分の学校から4名が受け、自分ともう一人の2名が受かったこと。 










そして・・・ 











長男1次選考クリアに、彼を知る子供達は 


『おまえ、声だしでクリアしたんじゃねわーい(嬉しい顔)』 

といわれたそうであせあせ(飛び散る汗) 
確かに彼の声のでかさは天下一品。技術は・・・ 
我が家での兄弟げんかは長男が悪くなくても声のでかさで怒られちゃうし冷や汗 
でもそんな彼のハート揺れるハートはとてつもなく優しいぴかぴか(新しい) 




それに対する長男の一言 






『うんわーい(嬉しい顔)そうかもしれないねあせあせ』 
と受け答えたらしい。 





それが嬉しかった。 
昔ならそんな皮肉に真面目に切れてた長男が... 
試合に出れず、仲間からも下手くそと言われていたのはコーチの私も知ってた。 








知らないところで成長していたことに嬉しさがこみ上げました。 







週明け。 

部活の先輩からも『声だし』が彼の合格に繋がった事を嫌味ミックスで 
言われたそうです。 
でも、長男はこの選考会で何か自信を掴み取ると同時に生まれて初めてかもしれない 
余裕を手に入れたのかもしれません。 

トレセンは2次選考、最終選考まで続くのでさすがに生き残りは無理かもしれない。 


でも、一段登った経験を勝ち取って成長することが出来た。 



長男が多分初めてサッカーで味わう勝利なんだろう。 
この経験は、大事にしたい。大事にして欲しい。 




そして、去年一緒にサッカーを楽しんだ子供達が全員合格した嬉しさは俺がしばらく噛み締めて楽しもうと思いますあせあせ(飛び散る汗) 



いい経験は試合に出てこそ。 
ベンチにいるだけじゃやっぱダメだよね。でも、ベンチでひたすらチームの勝利の為にでかい声張り上げて声がけしてた息子。ベンチで最大限に経験を積んでいたのかも。 

世の指導者に聞かせてあげたい。見せてあげたい。週末の出来事。

真夏のコーチの代償

昨日、今日会社を午後半休してますあせあせ(飛び散る汗) 
何年ぶりexclamation & questionのひどい腰痛で、ゾンビのように歩いてますあせあせ 
昨日も今日も朝は何とか這ってでも出社しましたけど、歩くのも辛い、座るのも辛い、立っているのももちろん辛いあせあせ(飛び散る汗) 
昼前に諦めて治療の予約をして帰宅ダッシュ(走り出す様) 

昨日は針灸。そして今日はカイロプラクティックで治療。 

双方の先生に言われたのは『疲労蓄積げっそり』 
疲労は慢性蓄積なんでそれは自覚があったのですが、最後のとどめを刺したのはやはりこの暑い夏晴れ 

痛みに耐えながら聞いたのでうる覚えですが、原因は... 
1体内の水分不足が引き金となって、血液が通常よりドロドロになるため、特にふくらはぎなど足にある毛細血管の動きが悪くなる。 
2足にある血管は血流のポンプの役割をしているのだけど、その役割が不十分になって血行不良になる。 
3その結果、体内の毒素をうまく運べなくなって、疲労が腰痛に変わるexclamation & question 
4因みにリンパの働きも著しく落ちるらしく、これも腰痛に貢献してる。 
そうですたらーっ(汗) 

特に週末については9:00~12:00、14:00~17:00の午前、午後のコーチングによる体内の水分蒸発。この間の日曜日は5L近く飲んだんですけどねあせあせ 
確かに、毛穴開きっぱなしで水分補給したそばからのダクダクと流れる汗で、着用している服がビッショビショあせあせ(飛び散る汗) 
マメに水分補給してたのにそういえばトイレ行ってないあせあせ 

夕方帰宅する時には軽い寒気と頭痛までしてたっけ。 

4年、6年それぞれのコーチを担当してますが、行かなきゃ行かないで子供達からは『どうしたのexclamation & question今度の練習は来てくれるんでしょexclamation & question』とか言われちゃうと、無理してでも頑張っちゃうんだよねマッタク冷や汗 

でも...この夏の異常な暑さは、さすがに考えて行動しなければと痛感。 
真夏のコーチの代償...週明けに会社で二度見されちゃうくらい真っ黒な日焼けだけじゃないんですね。 

ちょっと体勢を変えるたびに『うぅぅッあせあせ(飛び散る汗)』と唸りつつ、クッションに体をゆだねながら日記を書きつつひたすら反省しているのでしたダッシュ(走り出す様)ダッシュ(走り出す様)ダッシュ(走り出す様)

読書の秋

日中は運動すれば汗が吹き出ますが、朝晩はめっきり涼しくと言うより寒くなりました。
さっちゃんのお散歩には、半そで短パンは既に季節外れ。

読書の秋だからと言うわけではないが、本が積読状態になってる。
最近、思い立って買い漁ったのがオシム本。


20091021220703_02879-01_091021_220554.jpg


既に数冊読んで、彼のサッカーに対する想いの深さを改めて確認。
まだ数冊と、他にもサッカー本が溜まってきた。






現在読んでいる本は、この2冊

 

さすが木村元彦さんの本は面白い。他の方が書いた内容とは深さが違いますね。
ストイコビッチ関連本も木村さん執筆の本がお薦め。
トルシエの本は序章から自己アピールが強すぎてちょっと読んでいて歯がゆい。
必死なアピールにも取れてちょっと大人気ない文章。

そして、先日6年生保護者から貸していただき、上記2冊と併読している本が、



バルサのカンテラ監督の経験ある筆者が日本のプレイヤーが決して資質の面で劣っていないこと、
一つ憂慮するなら日本のサッカーコーチングの内容に試合に直接関係してくる判断を伴うオーガナイズが
スペインの育成のそれに比して少ない。そういった内容を日本のジュニアユース年代(東海大菅生で)などのトレーニングにも
関わる筆者が書き下ろしています。

コーチングの参考になる本で内容も頷くことばかり。
育成のターゲットに関しては、町クラブのボランティアコーチとして迎え入れる選手の幅が広いので、この本に書いてあるような世界中から素質ある選手を集めて・・・ってのは正直あまり参考にならないけど。
ただ、一人一人の選手の身の丈にあったコーチングをしてあげたいと思う内容。

まあ、実際は私一人でほとんどをこなしている状態なので、なかなかきめ細かいコーチングが出来ないのですが...
ジュニア年代の育成に関わる人たちが、ちっちゃなエリアに限定された大会で勝った負けたに熱くなりすぎても、年代が上がると共に、育て上げた選手の伸びしろを果たして持たせて卒業させているか?を蔑ろにしていないか?目先だけの結果が全てじゃないことを気付いてもらえる内容だと思いますので、コーチとして子供達に接している人には是非是非読んでいただきたい。

貸してくださった保護者に感謝してます。
多分、自分で買います。後で(笑)

禁煙 since 7th Sep 2008

色々あって、禁煙中です。

2008年9月7日(日)の午後9時より。

今日で5日目。
歴代禁煙最長記録です!!!(ミジカイネ...)

週明けて、昨日、今日と飲み会が続きます。
ここで折れないように頑張ります。

年度始めの5年生練習で子供達に目標を持って生活しようと。言ったっけ。

私もついでに子供たちの前で「コーチはタバコをやめます」と言ったっけ。

それだけが理由で辞めるわけではないけど。
立派な理由があることは確か。

まあ喫煙していた段階で「立派な」なんていえないのにね(汗)

そんな訳で頑張ってます。はい。

気持ちに余裕が無いので、あれやこれやと山積した諸々は、
もう少し落ち着いたら手をつけます。。。

目標を持って生活するって思った以上に大変ね。
でも張り合いはあるね。

【覚書】.forwardと.procmailrc

.forwardにSPAMフィルタprocmailの処理を追加。
でもって、今までの携帯アルバム用ソフトの処理を追加しちゃうと、メールが重複して配信されちゃう。

ので、

.forwardには、procmailの処理のみ記述し、その代り、.procmailrcへ
携帯アルバムソフトの処理をレシピとして追加。


#
#2008.07.01
#以下、自分で設定した内容
#
:0 c
* ^From xxxxx@t.vodafone.ne.jp
| /home/33/kto2100/1173-oni-paddle.que.jp/clippic-megu/clippic_mail.pl -mode=stdin

:0 c
* ^From xxxxx@t.vodafone.ne.jp
| /home/33/kto2100/1173-oni-paddle.que.jp/clippic/clippic_mail.pl -mode=stdin


これで問題解決。
青梅マラソンが雪雪で中止がく~(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)
昨年からコツコツと走る人練習し、その裏で計り知れない不安も感じていたので、ちょっと安心したりあせあせ(飛び散る汗)でもちょっと燃え尽き症候群的な状態の私(笑)

さて、先週末、担当外の2年コーチをしてきました。
そのとき、2年ヘッドコーチから『これ!読んで!あ、自分で買ってねあせあせ』といわれた本が本日アマゾンから届いて早速読みました。



41X6UtGkLNL._SS500_.jpg
『サッカーで子供をぐんぐん伸ばす11の魔法/池上正※』
ISBN978-4-09-840108-6
※ジェフユナイテッド市原・千葉ジュニア担当コーチ







2時間ほどで読み終わりましたが、とてもとてもいい内容でした。
昨年後半より、臨時ヘッドコーチとして息子を同学年に抱えながら、子供達の育成に日常的に悩んでいる私の心を見透かされている内容?というか、勇気付けられた内容と言うか...
別に親コーチではなくとも、少年サッカーに携わるコーチの方々、そして、少年サッカー関わる親御さん、そして何より日本サッカーを愛する大人の方々全てに読んで欲しい本ですぴかぴか(新しい)




この本に現れる様々な大人に子供が翻弄されています。
翻弄されている子供達を救う為に、大人が考えることで子供達ののりしろが確実に増えていくだろう。やがては、日本のサッカー文化が変わるだろう。。。(大げさですみません)



自分が今までやってきたことに対する自身と確信そして、反省を伴いつつも、淡々と読み進めました。



私、早速この本で学んだことを子供達のために実践したいと思います。
そして、多くの保護者、サッカー友達にこの本を薦めたいと思います。


私の周りには立派なコーチしかいませんが(汗)。そういった方々にも、今一度それぞれの指導やコーチング、そして子育てのメソッドを確信したり、昇華させるためのヒントを得る為に御一読されることをお薦めします。

読書感想文は生来苦手なものであせあせ

感想を言うのであれば、JFA発行のベストサポーター以来の気付きのあるいい読み物でした。
既に読まれている方がいらっしゃったらスルーで(汗)

週末は試合三昧ですが、試合の合間に早速試したい練習が出来ました揺れるハート
且つ、さっそく息子達のすねあてを隠してみます(謎)





意味不明のハイテンション日記で申し訳ありません。。。

どうも馴れない...ようなので、実験。

 

画像を貼りまくってみよう(笑)

20060417VFSH0046.JPG

まずはこの行の左に。そして、この行を改行して・・・

この文字はやはり画像の左か?

だね。じゃあ、編集画面で画像を超える改行を...

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

ここでやっと左端にきたぞ。

じゃあ、今度はこの行の右側に画像を...20060414VFSH0018.JPG

どうかな?

 うん。まあいい感じかな?ちなみにサムネールは200にしてある。

右寄せ改行

改行

改行

改行

改行

改行終わった。左に戻ろう...

 

じゃあ、最後は真ん中。

20060414VFSH0025.JPG改行せずとも画像の下に来たな。

どれも問題なさそうだし・・・(汗)

じゃあ、サムネールをでかくしてみよう。

 400くらいでいくべか。左、右、真ん中の順番ね。

VFSH0004.JPG

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行おしまい。次右。

VFSH0119.JPG

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行

改行おしまい。左へ

そして、最後は真ん中だ。

VFSH0031.JPG

うーん。OKだね。

ちなみに、フォーマットはリッチテキストにして編集すると、入れた画像も編集画面に表示されるから

やりやすいよ。フォーマットは、ブログ記事作成画面の文章を書き込んでいる部分の右上にあるよ。

そこでリッチテキストってのを選べばOK

 

ブログを書こうとログインしたら、こんな画面だったら...
dash.JPG
これは、ログアウトせずに、ブックマークやリンクで登録したブログ編集画面へ飛んだ場合に
表示されます。ブログ編集が終了したらログアウト(画面右上にある)をしておけば、次回
ログインしたときには、ユーザ名とパスワード入力後、3番目の画像の画面に移動するはず。


「システムメニュー」の部分でクリック。
dashselect.JPG
メニューが出てくるから、編集したいブログを選択します。選択されたブログは記憶され、次回ログインした際、最初からそのブログがメニューとして選択されて出てきます。今回はKutirを選んでログアウトしておきました。

お好みのブログを選択すれば...

blog.JPG






「ブログを書く」が出てきます。
システムメニューが出てくる理由は、ログアウトし忘れ、もしくは、前回ログアウト時に
システムメニューを選んでいた事が原因のようです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち覚書カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは海外出張です。

次のカテゴリは震災です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。