仲間の最近のブログ記事

2008年に取得したJFA公認指導者C級ライセンスも、気づけば今年度が有効期限。 
4年に一度の更新時には、規定のリフレッシュポイントを取得してることが更新の条件となります。 
必要なリフレッシュポイントは40。コーチとしてチーム登録してあれば自動的に20ポイントをいただけるので、4年間でさまざまなリフレッシュ講習会に参加して20ポイントを稼げば更新が可能となります。 

リフレッシュ講習もさまざま。 
午前、もしくは午後のみの講義メインの講習などは5ポイントが多いかな? 
大きな大会(全日本少年サッカー、高円宮、J下部カップ戦など)では10~20ポイントくらい。 
合宿形式だと一気に40ポイント。まあ、それなりに時間を作ったりするのも大変だし、実技もあるので。

話を戻してあせあせ 

更新ポイントを稼ぐ必要に迫られたと言うのが正直な動機ですが、今回は合宿形式のリフレッシュ講習会(40ポイント)へ参加しました。 

『2011ナショナルトレセンU-12東北』 

20111022070832_74275-01_111022_070753.jpg
開催地は青森県弘前市で、岩木山の麓。 

岩木山をバックに天然芝のグラウンドが広がる会場は、東京より若干早い秋の澄み切った空気がとても爽やかで、指導者スキル以外にも普段蓄積してきた疲れもリフレッシュわーい(嬉しい顔) 










参加した指導者は20名ほどで、関東県内からの参加は私のみ冷や汗他はみんな東北の方々でした。 

唯一の遠方参加で、足もない私を快く送迎してくださった方は八戸漁協にお勤めの、中学サッカー部のコーチの方わーい(嬉しい顔)初対面からとても穏やかにお話しする笑顔の素敵な方 

『いや~この車、中古で購入したんだけど、津波で流されたのと同じのにしたんだよねあせあせ(飛び散る汗)』 

こういう会話が普通にさらっとなされる場所なんだ。まだ震災は終わってない。 

二日間の講習会は、ナショナルトレセンの練習を見学し、ナショナルトレセンコーチによる実技と座学もあって朝から夜までの強行軍でしたが、要所要所にビビッと来る言葉やコーチングの肝を教えていただけて、リフレッシュポイントを稼ぎに...という自分の考えが恥ずかしいものに感じてきました。二日間に取ったメモは私の宝物 
20111022070348_73119-01_111022_070253.jpg

20111008232013_25374-01_111008_105550.jpg

20111008232305_25960-01_111008_093919.jpg



















ここに集まった子供達はいずれは少数に絞り込まれてU-13日本代表となります。 
20111022071024_74848-01_111022_070910.jpg

何より、被災地である岩手、宮城、福島からも多数の参加者が。復興に向けてとても大変なときに、それでも無限の可能性を秘めた子供達のために自らが最新のサッカー指導を学び、子供達に還元したいと言うモチベーションぴかぴか(新しい) 

休憩時間にも色々な方々と色々なお話をお聞きして、決して十分な環境が整っておらずともできる範囲で少年サッカー指導に熱を注ぐ皆さんのパワーを感じました。 


夜は一人、昭和の雰囲気プンプンのビジネスホテル。 
せっかくここまで来たのだし、ここでお金を使うことが復興への手助けになれば... 

と、一人呑みわーい(嬉しい顔)ダッシュ(走り出す様) 
20111009185244_53354-01_111009_185144.jpg
20111009203202_71080-01_111009_203127.jpg





























もちろん、地のものも堪能しましたよ 

りんご(フジ) 
20111010001749_13995-01_111009_125235.jpg


嶽(だけ)きみ 
20111010001853_14187-01_111009_122808.jpg



























道端にはりんごをたわわに実らせた木々。 
ナショナルトレセンU-12は勿論関東圏内でもおこなわれていますが、ナゼに東北なんだexclamation & question 
さまざまな人に聞かれました。勿論今回の参加者の皆さんにもあせあせ 

その度に私は答えました 
『どうせお金を使うなら、自分が育った東北で使いたかったから』 



20111022071214_75513-01_111022_071135.jpgナショナルトレセンのバインダーをいただきました。 

さまざまな想いが詰まった宝物に・・・大切に使いたいと思います。 
そして、普段の行動範囲から飛び出すことで自らのスキルが上がったと実感してます。 
小さなコミュニティの中で、知ったかぶりして学ぶことを忘れてしまった指導者に囲まれ続けるのなら、いっそそこから外に出てオープンマインドで同じ志の指導者と共に学んでこそ、子供達のために指導者として成長できることを確信しました。 

また近いうちに遠くの講習会へ行きたいな...ハート達(複数ハート)
かねてより病気療養中だった伯父が亡くなった。
伯母(http://1173-oni-paddle.que.jp/blog/2010/01/post-203.html)の3回忌までは生きるんだといっていた。
今は、天国で再開を喜びあっているのかも知れない。

地元の親戚も皆一様に歳を取り、ここのところのお葬式には実働部隊で向わざる得ない状況が後押ししてくれた。震災後初めて訪れる仙台へ。。。

東北道は、福島県南部の白河へ入ると震災の爪痕が目に入る。
不自然にうねり、いくつもの段差を補修された道路。
走行中に見える風景には、屋根瓦にかけられたブルーシートが目立つ。
みちのくへ向う車には、まだまだたくさんの救済派遣車、救援物資車等々。

仙台南ICを降り、実家の近辺の様子を見るが、普段と変わりない。
33年前の1978年に起こった宮城県沖地震では、家屋やブロック塀の損傷が激しく、町並みもそれ相当のダメージがあっただけに、拍子抜けしたが、今回の震災が津波によるものである事を改めて思い知らされた。

震災直後に生存を確認する電話だけして、それから3日ほど音信普通。
震災地から遠く離れた場所で日々行うのはネットの情報を漁ることだけ。
徐々にインフラが立ち直り、メールによるやり取りが出来るようになり、両親二人だけで過ごす不便な生活の様子を伝えられ、でも、大丈夫と絵文字いっぱいで返信してくる母。
『二人で頑張ってるから大丈夫だよ』
この震災によって被った非日常の生活は少なからずとも両親にもダメージがあっただろうに。

そんなことを考えながら、実家に到着。
庭いじりしている父が見えてきた時には、安堵と涙が出ました。
母もニコニコと出迎えてくれ。
多くの被災者が居ることは承知しているけど...

神様ありがとうございます

そして、葬儀は粛々と執り行われ、同じく実働部隊で集まった従兄弟とも色々と話を聞いてきました。営業で職場を離れていたときに津波に襲われ、職場の同僚がいまだに行方不明であったり、電力関係の仕事で三陸を回る日々とその被害を目の当たりにして擦り切れた心が折れないようそれでも現地のために復興を急ぐ話など...

被災地以外の場所に住む人々の心の中では、震災は徐々に復興へその流れを変えて日々立ち直りつつある。と感じるのが普通だろう。

しかし、現地はまだ震災の状況であり、震災のあらゆる影響を抱えて生活している。

勿論ですが、今回の帰省では、津波の被害を直接的に受けた地域へは赴きませんでした。

被災された方々に直接的にお役に立つことが出来ないなら行っては行けない。

ただでさえ、あらゆる流通事情が悪い中、その流れを効率的に回すには、不要な人間がむやみに立ち入る段階ではないなと。自己満足程度のボランティアならもう少し後にしたほうが良いのかもしれません...悲しいけど。

僕にとって宮城、福島の沿岸部はとても大事な場所。

色々な思い出の詰まった場所。

一人でよく波乗りに通い、お世話になった民宿もあり、お世話になった方々の安否もとても気になるけど。

やはり、自分に出来ることをこつこつと行うことが今一番の被災地支援。

20110527204929_49465-01_110527_092820.jpg




地元のあらゆる場所で見た同様の看板やポスター。
バックアップを続けて行こうと思います。












ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)氣志團がJリーグ・ベガルタ仙台を応援するセルフカバーソング「スタンディング・センダイ」の無料配信を開始した。 ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

氣志團の曲「スウィンギング・ニッポン」は、ベガルタ仙台のサポーターソングとして歌詞を仙台バージョンに変えた「スタンディング・センダイ」として親しまれているが、今回は氣志團が逆カバーexclamation ×2

これですぴかぴか(新しい)




ちなみにオリジナルはこちらわーい(嬉しい顔)


ベガルタ仙台サポータと氣志團のつながりぴかぴか(新しい)



そして、仙台の実家の最寄の小学校。引っ越してきたときにはすでに中学生だったので、通ったのは妹だけなのですが...合唱部が有名で、妹も合唱部で一生懸命活動していた思い出が。その小学校の子供達と卒業生の歌。とても心に響きましたハート

ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)

大震災から1ヶ月後、1つの詩が生まれました。 作者は、仙台在住の詩人、大越 桂さん。 お母さんの手のひらに文字を書き、作詩をする筆談詩人です。 彼女の作った「花の冠」は仲間たちによって広がり、 松浦真沙さんの作曲によって、合唱曲になり、 海山幸さんのイラストでアニメーションになり、 4月30日に地元の仙台市立金剛沢小学校 合唱団&卒業生の生徒たちによって、 仙台の街なかで多くの人の前で歌われました。




人とのつながりがもたらすものの素晴らしさを感じた一日でした。







ちなみに







今日は、嫁さんのためにリンパマッサージを予約
施術してくださったのは自分が立ち上げからかかわった美容室の美容師の女性わーい(嬉しい顔)

『どんな人なのexclamation & question』と幾度も質問をされていたのですが、いざサロンへうかがい、ご対面したら・・・


なんと同級生だったってダッシュ(走り出す様)

繋がってるね~ウインクハート達(複数ハート)

ちなみに、施術は最高にリラックスできたと満足そうにリビングでうたたねしていた嫁さんでしたよ指でOK
洋子さん♪今日は嫁がお世話になりましたわーい(嬉しい顔)

ベガルタからの復興の狼煙

今日は一日風雨だから、少年サッカーは無いはずexclamation ×2
って想定がもろくも崩れ去った今朝晴れあせあせ(飛び散る汗)

朝から夕方までいつもどおりの少年サッカーコーチをこなして帰宅ダッシュ(走り出す様)

地震により中断していたJリーグ再開ぴかぴか(新しい)
われらがベガルタはアウェイ等々力競技場でフロンターレとの試合でしたが、スカパーの録画をすぐに再生。


ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
強敵フロンターレにアウェイで勝利ハート

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

試合後の手倉森監督のインタビュー...いつもなら強気でポジティブなコメントを長々と東北訛りで喋る彼。今日は言葉すくなに目頭を押さえ、インタビューもそこそこに後ろ向きにタオルで顔を覆っていたのが印象的でした。

今回の地震で抑えていた感情が一気に出ちゃいました
日々をこつこつと過ごす毎日。
それを肯定してもらえた一戦。
明日からもあせらず、等身大で出来る事からこつこつやっていきます

P.S.試合後、ネットで見た動画。人の温かさがしみました。







自分のサッカー

土日の日中は、少年サッカーのコーチとして活動してますが、コーチングのベースになる部分はやはり自分自身のサッカープレイヤーとしての経験がとても重要だと感じています。 

日中は少年サッカーですから、今の自分のサッカーはもっぱらナイター夜 
散々コーチして疲れた体を引きずって夜のグラウンドで色々なチームとの試合を楽しみます。 
若い子たちのチーム、おっさんばっかりのチーム、時には少年サッカーコーチで作ったチームとも対戦したり。実にさまざまなチームとナイターサッカーで盛り上がります。 

それは、別にレベルの高い場所で行うから良いというものではありません。 
尺度は「Enjoy」だけですわーい(嬉しい顔)キッパリexclamation ×2 

だって、コーチがサッカーが楽しいと思わないで子供に何を教えるんですexclamation & question 

楽しいと思えるサッカーが出来る場所が自分にあることをとても幸せに感じてます。 

そんな楽しいサッカーをしてくれる仲間との新年会が1月にありました。 

この新年会は、一年間の試合結果を元にデータを出して、ベストディフェンス、ベストオフェンス、そしてMVPをみんなの投票で決めるイベントがあるんです。 
データはこのように手作りの記録表。 
この本はチームオーナーが作成してます。 


20110202224107_19821-01_110202_224036.jpg

20110202224205_20029-01_110202_224142.jpg

20110202224417_20585-01_110202_224346.jpg









以前は年間50試合以上活動していましたが、今年は15試合程度で終了。 
今年はいつもより得点を意識して試合に臨んでいたおかげで、9試合出場して、9得点9アシスト。 
得点2位のアシストは1位をいただきました。 

アシスト王という事でこんなトロフィーもいただいちゃいましたあせあせ(飛び散る汗) 

20110115214137_86293-01_110115_213537.jpg


そして、投票によるMVPも衝撃 

20110115223941_00737-01_110115_223811.jpg



















これを目当てにサッカーしているわけじゃないのですが、いただけるのはそりゃうれしいぴかぴか(新しい) 

このチームに所属して7年。 
はじめてもらったトロフィーは大事に家に持ち帰り、部屋の隅においてありますわーい(嬉しい顔) 

元々、自分の会社のサッカーチームに助っ人で来てくれたのが、このチームのオーナー。 
いつしか仲良くなり、今ではこいつとのサッカーが楽しくて仕方ない。 

中々、試合の数も減ってきているけど、このチームにはずっと居るんだろうなあせあせ 
このチームに居るからこその少年サッカーコーチなんだもん>自分。


仲間との時間☆

年が明けて仕事も始まっての最初の週末は、仕事のスタートダッシュに少々の息切れと軽い疲労を感じながら、正直なところはゆったり過ごしたかったあせあせ(飛び散る汗)

しかし、一方で6年生の少年サッカー生活も3ヶ月をきり、各種招待試合や大会が目白押し。

この子達と過ごした時間の長さは、少年サッカーコーチとしての私のキャリアの長さと一致する。

そんな彼らとの歩みも3月をもって終わり、私は新しいカテゴリへ。
子供達はそれぞれに希望を胸に抱えて中学生(ジュニアユース)年代へと別々の道を歩む。




今日は、青梅のチームの招待試合2日目わーい(嬉しい顔)


前日の予選は何とか1位抜けしての決勝リーグサッカー
大会は、地元青梅のチーム以外に近隣の地域から呼ばれている名の知れたチームも参加して、決勝リーグはそういった近隣の地域の強豪との試合もありました。
私のコーチするチームは、2つある1位パートリーグのうち、この大会の開催チームと町田の某強豪と一緒でした。
2つある決勝リーグでそれぞれ1位抜けしたチーム同士での決勝戦を目指して試合に臨みましたが、結果は優勝を勝ち取ったその強豪に0-3で破れて1位抜け出来ず、最終結果は3位でしたあせあせ
20100111135528_29712-01_100111_135456.jpg

6年+5年助っ人で構成している中、サブの6年を優先で6年全員入っての試合は、結果以上に子供達と子供達を応援する保護者も大いに盛り上がって、私達にとって最高の大会となりましたわーい(嬉しい顔)

残り少ない時間を中間達と一緒にボールを追いかけるその姿をベンチから眺める幸せを感じましたぴかぴか(新しい)


20100111155634_58516-01_100111_155558.jpg




試合後の閉会式、そして子供達がトロフィーを貰っている姿を私は遠くから見ていました。
「良かったね」という気持ちと「一緒に居る時間がまた減ったね」という気持ちが交錯して少々おセンチなおじさんでしたあせあせ(飛び散る汗)

大会終了後、子供達に見せてもらったトロフィーや賞状。
20100111160243_60126-01_100111_160058.jpg









でも、一番嬉しく眺めたのは大会で使ったチームのボール。 20100111155223_57586-01_100111_155148.jpg



なんか、頑張った感じが出てると思いませんぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

自腹で購入し、子供達の背番号と名前を全て書き込んだこのボールは、試合球として使い始めて1年半が経ちますが、これは6年生を送る会で子供達へプレゼントの景品にする予定。
欲しい子が居ればいいけどねあせあせ(飛び散る汗)







子供達の底上げとして、サブメンバーであった子供達も積極的に試合へ出して経験させることで、ここ最近の大会では色々なお土産(トロフィーなど)をもらえるようになりました。 底上げに対する様々なアプローチを重ねるたびにその重要さを再認識できています。

誰が出ても遜色ないレベルになれば・・・。


仲間と一緒に闘うこの時間を大切にすることで・・・

輝く思い出を作ってもらえるように・・・

結局、ゆっくりする時間は暖かい季節になるまでお預けですなあせあせ

しかし、我が長男の2度のシュートチャンスは惜しかった・・・しかし、そのシーンでは、ある意味みんな盛り上がってたけど(笑)。


Keep simle and...

| コメント(3)
えーっと。
覚え書きじゃないけど(笑)

物事がうまく進まないことってよくあるけど、
そんなときに絶望感に浸った暗い顔をしていたってどうにもならないし。
それ、結果だから。さ。過去のことだし。
たとえ一秒前の出来事でも過去は過去!!!

とりあえず笑顔で。「まいったな~」って。

そして、その裏で次の手を考える。

考えることをやめないこと。
これが大事っもがくっこととは違うよ。
もがいたって仕方無いから。とにかく考える。


そうすれば打開するための方法が必ず出てくる。
打開までいかなくっても、回避や妥協や...
自分が少しでも納得できることを考え付くことが大事です。

ってことで、

暗くならずに「にやにや」とでもいいからKeepSmile。
そして陰でThinkingだ。

あ、もちろんこうなる前にいつも先を見据えて自分のふるまいを考えておくことが最も大事。
難しいんだけど(笑)

ってことで、楽しい明日を迎える生活をしよう。

溶けそう...

私の実家に息子達を残し、夕方に妻と二人で帰宅。

車のドアを開けるとそこは・・・灼熱地獄あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

帰省中は30度なんて縁のない天気だったからなおさら堪える...

ですが、サッカーバカに気温や湿度は関係ないexclamation ×2

夜は早速所属チームのナイターに行ってきましたるんるん

息子達が居ないので嫁さんも一緒に来て観戦。

結果は2-1(本当はあと3点は確実だったのに・・・ありえないシュートで・・・)
私も1点入れさせていただきました。

相手チームは少年サッカーコーチで結成したチームらしいのですが、
『ほんと?』ってのがあってちょっとびっくり。
パスカットの際、ちょっとした接触プレーがあったのですが、
そこでマジギレexclamation & question
うーん、ファウルじゃないと思うのですが、雰囲気に呑まれたレフェリーが笛を吹いてましたが・・・

ナイター会場には教え子なのか?子供達が結構な人数で観に来ていたのに。。。
思わずゲームキャプテンと思う方に『子供達が見てるんだからアー言うの停めてくださいよッ!』と言っちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)

試合終了後、グラウンド整備したピッチでは子供達が延々とボールを蹴っておりましたが、管理人の方は早く帰りたいのに、我慢して待っていてくれて...
その辺もきちんと教えてほしいと思うのは意地悪かな???
だって、きれいに整備終了したグラウンドなんだし。ね。

ちょっと後味が悪いゲームでしたが、終了後は嫁とスーパー銭湯へ行き、疲れを取り家路に着きました。

祈りよ届け...

ある日次男坊が持ち帰った一羽の折鶴



『パパのおばちゃんにあげて』



伯母が癌の手術後、意識を取り戻さない日々が続いた(http://1173-oni-paddle.que.jp/blog/2008/05/2-1.html)


ある日、学童保育で教わった折鶴を持ち買ってきたときに掛けられた言葉でした。 



これがきっかけとなり、嫁と一緒に千羽鶴を作り始め、気づけば義母や


子供達、友人達が折ってくれました。



とにかく賑やか元気な伯母は、いつも私を気に掛け、色々なことを教えてくれ、そして元気をくれました。


そんな伯母に昔の元気を取り戻して欲しいと、イタリア出張中も含めて自分の出来る範囲で折り続け、とうとう出来上がりぴかぴか(新しい)



何より、嫁を始めとした周りの人たちが一生懸命追ってくれたことに感謝。


20080531180226_88803-01_image1151.jpg

20080531183934_06464-01_image1153.jpg一羽ずつ糸を通し、千羽の祈りを形に。。。







伯母に届けて欲しいと言った鶴。


そして、伯母は最近、意識が戻ったexclamation ×2正直ほっとしたぴかぴか(新しい)

嬉しくて涙が出た。



そして、今週の土曜日。


願いを込めた千羽鶴完成。



日中にサッカーコーチを行い、夜のコーチ会議に出かける途中、折鶴を宅配便で送り出した。


思えば超久々の手書きの手紙を入れて。



祈りが伯母の力になるよう。。。


元気のエネルギーが増えますように。







2ヶ月が過ぎて

3月20日

午前の新幹線はやてで仙台へ向かいました。

その理由は、大事なおばさんのお見舞い。

前夜に父からの連絡があって初めて知ったのは、とてもお世話になったおばさんが癌手術後、意識が戻らない状態となっていると言う。。。ことでした。

いやいや、あのおばちゃんが?元気玉いっぱい持ってて、自分じゃ使い切れないからみんなにその元気を配って歩く人が?


病院に到着したけど、ICUへの入室時間が決まっているので病院内のテレビをぼんやりと見ながら父やおじさんが話すの経緯をうっすらと聞いていました。テレビではちょうどベガルタとアビスパの試合中。中島がPKを決めてました。

ICUに通してもらって対面したけど、目の前に眠るおばさんの姿は、自分のキャパを越えてるよ。何これ?様々な管が張り巡らされてて...

既に意識がなくなって2週間。看護士さんのすすめにしたがっておばさんに声を掛け続けた。





その時




かすかに目を開けてくれた。
話の内容は伝わっていないかもしれないけど、焦点の定まらない目は宙を泳いでいたけど




伝わった




制限時間いっぱいまでICUで声をかけた。
ICUを出て今後のことなどを話し、仕事もあるのでそのまま東京へ戻りました。




そしておととい、父からのメールで意識が戻ったことを知らされました。
徐々に意識レベルも上がってきていると。


おばさんの入院を知ってしばらくしてから始めたことて、今も少しずつコツコツと続けてるのは千羽鶴作り。


実は、次男坊が学童で教わったツルの折り方。次男坊が『パパのおばちゃんに』と持ってきた一羽が始まりでした。

809518588_105.jpg
それから、嫁と私で現在800羽弱まで出来上がりました。
Wiiやってる場合じゃないんだけどね。指が痛くてね。休憩の意味であせあせ(飛び散る汗)
でももうすぐ。今日もコツコツ。


今まで貰った元気玉のお礼とおばさんの快気の祈りを千羽鶴へ。


自分にとって大事な人のために出来ることをして、そうできる人がいることに感謝して。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち仲間カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは仕事です。

次のカテゴリは地域です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。